ランドセル 材質

ランドセルの材質による特徴について

ランドセルの素材

 

ランドセルの材質は大きく分けると天然皮と合成皮に分けることができます。

 

これにはそれぞれ違った特徴があります。

 

まず天然皮のランドセルは牛か馬が使用されることが多く、どちらも耐久性が高く吸湿性や通気性も良い材質です。

 

近年では表面に加工を施すことで、傷などが付きにくくなっています。

 

 

合成皮のランドセルは天然皮に比べてリーズナブルな値段となり、今現在の売られているランドセルの70%〜80%は合成皮を使用しています。

 

合成はカラーバリエーションも豊富ですので、色々な種類のランドセルを選ぶことができるところが利点となります。

 

また天然皮を使用しているものでも、パーツによっては合成を使用しているというものもあります。"

ランドセルの材料について

ランドセルを作る際に使われている材料は、天然革と人工革に分かれています。

 

天然革の中で最も知られているのは牛革によるものですが、牛の年齢や性別、育てられた場所などといった条件によって、革の性質が異なります。

 

また高級な天然革を使用したコードバンや人工革を使用した物もあります。

 

 

ランドセルは革の性質によりメリット、デメリットがあり、特に雨に濡れた時の対応はきちんと理解しておく必要があります。

 

防水加工がしてあっても、長時間濡れたままの状態だと傷みやすい場合もあるため、乾拭きなどの手入れが必要です。

 

ランドセルは6年間使用するものなので、「その時気に入ったもの」ではなく、耐久性や重量の軽さ、背負いやすさを重視して選ぶと納得のいく商品が選べます。